ホワイトニング

ホワイトニングとは

ホワイトニングは、専用の薬剤を歯の表面に塗布して歯を白くする方法です。
コーヒー・紅茶・赤ワイン・タバコのヤニなどが原因で生じたステイン(着色汚れ)を取り除きます。

before after

このページのトップへ戻る

ホワイトニングで歯が白くなるしくみ

ホワイトニングイメージ

ホワイトニング剤には、歯の色素を分解して歯の色を白くする作用と、黄ばんだ歯の内面を隠すことによって歯の色を白くする作用があります。
ホワイトニング剤の主な成分は過酸化尿素や過酸化水素です。過酸化尿素や過酸化水素は、ホワイトニングに使用すると、酸素と水に分解されます。
歯は、黄ばみをおびた象牙質を白くて半透明のエナメル質がおおってできています。歯の色は、エナメル質の透明感によっても決まります。 エナメル質が透明であるほど、内側の象牙質の色が透けて、歯が黄ばんでみえます。
ホワイトニング剤から分解されてできた酸素は、透明感のあるエナメル質を曇りガラスのような状態にすることによって、黄ばんだ象牙質を見えにくくします。
この分解されたときに生じた酸素が歯の色素を分解して、ホワイトニング作用を発揮します。

札幌ファースト歯科クリニックでは、一人でも多くの方に白い歯の喜びを感じていただきたいと考えておりますので、ホワイトニングの費用は最低限に抑えております。 ホワイトニングの薬剤の成分は、どの歯科医院さんでも大差はありません。
エステサロンに通うように気軽に定期的に受診していただければと思います。

このページのトップへ戻る